休息ハーブ

休息ハーブで睡眠改善

うつ病の不眠症状に北の大地の夢しずく

うつ病の不眠症状に北の大地の夢しずくが効果的と人気ですね。

寝入りが悪い、寝ても寝た気がしない、すっきり起きられない、などの不眠に悩む人達の間で話題なのが、「北の大地の夢しずく」です。

北の大地の夢しずくは休息サポート飲料なので、医薬品ではなく食品に分類されます。


副作用を気にすることなく、妊婦でも子供でも安心して飲めるというのが、人気の理由のひとつです。

北の大地の夢しずくは、不眠対策に利用することがほとんどなのですが、実はうつ病改善のひとつの手段になるようです。

現代のストレス社会を反映してか、今では子供から大人まで心の病としてのうつ病と長年向き合わなければならない、というケースが増えています。

日頃からストレスとはうまく付き合っている、きちんと発散している、と思っていても、ある日突然…という場合もあるため、他人事で済ませるわけにはいきません。

いつどこでなるかはわからない、予防のできない心の病気なのです。

先述しましたが、北の大地の夢しずくは医薬品ではありません。

ですから、これを飲むことでうつ病がよくなるというわけではないので、その点はご注意ください。

しかし、うつ病の症状のひとつとして睡眠をうまくとれなくなるということがあるのですが、これを考えた時、北の大地の夢しずくはうつ病改善への一筋の光と成りうるのではないでしょうか。

睡眠不足によって生活リズムが乱れ、集中力は低下し、そのせいでさらにストレスが溜まりやすくなるという悪循環になってしまいます。

うつ病に悩む方はすでに医師に相談して睡眠薬を処方してもらっていると思いますが、それが効かないというケースもあります。

なかなか自分に合う睡眠薬が見つからないことが多いのです。

そのような時に、薬には勝てませんが北の大地の夢しずくの力を借りるのもひとつの手です。

うつ病の場合は、症状特有の不安や焦燥感の強い中枢神経系の興奮による不眠です。

北の大地の夢しずくには、脳内伝達物質であるギャパも配合されているので、これが興奮を沈めたりリラックス効果をもたらしてくれます。

他にもホップエキス末、クワンソウエキス、L-テアニンなどの精神を安定させてくれる癒し成分も配合されているので、精神的に穏やかになり、副交感神経が優位になって眠りにつけるチャンスをつかめるかもしれません。

疲労回復ドリンクにも使われているアスパラガスの成分のアスパラギン酸が、糖質の代謝を促進して疲労をとってくれます

うつ病で不眠に悩んでいる場合、夕飯は早めに摂って3〜4時間後のそろそろお腹がすいてきそうな時に睡眠薬を使うと薬が効きやすいそうです。

それを応用して、北の大地の夢しずくもその時間帯にさしかかるあたりで飲み、サッと布団に入って気持ちがどんどん落ち着いてくるのをのんびりと感じながら眠りにつきましょう。

熟睡できれば、朝もすっきり目覚めることができますし、規則正しい生活リズムに整うので、気持ちにも余裕が出てストレスも溜まりにくくなります。

まずは睡眠をしっかりとることで、うつ病の改善への糸口になるかもしれません。
北の大地の夢しずくで不眠改善!


共通案内
なかなか寝付けず熟睡できない時に!
こころの青汁マインドガードDXがぴったり。
妊娠中、授乳中、子供でも安心の無添加素材。
公式サイト↓
マインドガード

ノニやクワンソウなど休息ハーブが
体内のセロトニンを増やして熟睡に導く
副作用も依存性もないので安心安全サプリ。
旅行時には内容が同じの粒タイプをどうぞ
粒→マインドガードDX粒タイプ
ただ吸収は液体タイプがいいので
いつもは液体のこころの青汁の方がベスト!
美肌にも導いてくれます
こころの青汁の口コミ

 

タグ :  

北の大地の夢しずく

この記事に関連する記事一覧