休息ハーブ

休息ハーブで睡眠改善

マインドガードDXの粒タイプとドリンクタイプ、どちら?

マインドガードDXの粒タイプとドリンクタイプは
どちらがおすすめでしょうか?

睡眠サプリメントとして評価の高いマ
インドガードDXには、従来の液体ド
リンクタイプと最近発売されたタブレ
ットタイプ(粒)の2種類があります。

どうせ買うならより効果が高くて安全
でリーズナブルなほうがいいと考えるのは皆同じ。

そこで、どちらがよりいいのか比較してみます。

まず、なぜ従来品がドリンクタイプな
のかというと、それは吸収率のよさ
考えてのことです。

質の良い睡眠のための様々な成分をせ
っかく摂っても、体に吸収されるのが
少ないと元も子もありません。

最も吸収率が高く休息成分の効果を
実感できるようにとドリンクタイプに
こだわって商品となりました。

ところが、出張や旅行などの時には
ドリンクタイプは不便です。

携帯しやすさや飲みやすさ、手軽さを
求める声が多くあり、そこでタブレッ
トバージョンを開発、販売するように
なりました。

マインドガードDXタブレットは
1箱60粒入りで、1日2〜4粒です。
これでいくと2週間〜1ヶ月使える計算になります。
レビュー→マインドガードDXタブレットの効果

一方、ドリンクタイプの
心の青汁マインドガードDXのほうの
内容量は500mlです。

1日あたり15〜30mlが目安なので、
タブレットタイプと同様に
2週間〜1ヶ月分ということになります。

そして気になる成分ですが、それぞれ
天然ハーブのノニやクワンソウをはじ
め、とくに違いはありません。

ただ、タブレットタイプはドリンクタ
イプより吸収率が少々劣ってしまう
で、その点を補うために休息成分のク
ワンソウをドリンクタイプと比べて
2.5倍濃縮したものを配合するという
工夫がなされています。

つまり、効き目としてはそれほど大差
のないようにきちんと考えられているのです。

それでも気持ち的にドリンクタイプの
方が吸収が高い気がするのは、
飲んだ感覚です。
レビュー→こころの青汁マインドガードDXの効果

そしてお値段のほうは両方とも
¥8800です。

ただし、今ならドリンクタイプはお試
しセットとして25%オフの¥660
0、またタブレットタイプは初めての
人専用に粒タイプ発売記念キャンペー
ン価格として21%オフの¥7200
で販売されています。

お値段だけみると元値は同じですが
今だけ少し差があります。

他の部分では目立つ違いはとくにない
と言えます。

ですから、普段自宅では吸収率のよい
ドリンクタイプにし、外出時には持ち
運びに便利なタブレットタイプを利用
する、というという使い分けが
一番よいようです。

また、ドリンクタイプに抵抗のある人
や、味が好きになれないという人は、
タブレットタイプでしょう。

マインドガードDXタブレットは、配合
成分にかなりこだわっていて
他の睡眠系サプリと比較しても
タブレット(粒)タイプの中では1番おすすめできます。
旅行や外泊時にどうぞ。
マインドガードDX粒タイプ

吸収率を重視して自宅で飲む時は
心の青汁のドリンクタイプをどうぞ。
休息ハーブのノニが豊富なマインドガードDXで安眠

どちらを選んでもビタミン、ミネラル、
アミノ酸などが豊富で抗酸化作用の高
いトランスレスベラトロールを含むの
で、不眠改善だけでなく美容と健康にも期待できます。


共通案内
なかなか寝付けず熟睡できない時に!
こころの青汁マインドガードDXがぴったり。
妊娠中、授乳中、子供でも安心の無添加素材。
公式サイト↓
マインドガード

ノニやクワンソウなど休息ハーブが
体内のセロトニンを増やして熟睡に導く
副作用も依存性もないので安心安全サプリ。
旅行時には内容が同じの粒タイプをどうぞ
粒→マインドガードDX粒タイプ
ただ吸収は液体タイプがいいので
いつもは液体のこころの青汁の方がベスト!
美肌にも導いてくれます
こころの青汁の口コミ

 

タグ :  

マインドガードDX 比較、違い

この記事に関連する記事一覧