休息ハーブ

休息ハーブで睡眠改善

ぐっすり眠って寝不足知らずに!5つの不眠解消法

ぐっすり眠って寝不足知らずに!5つの不眠解消法です。

暑くて寝苦しかったり、考え事や悩み事があって眠れない夜があったり、不眠に悩んだことがあるという方は多いはず。

一時的な不眠でしたら、あまり気にしなくて大丈夫ですが、不眠が続くと、肌荒れの原因や、集中力が続かなくなったり、疲労が取れなくなったり、心身の不調につながることもあります。

不眠は、少しの工夫で改善できることが多いと考えます。
不眠の解消法をいくつか紹介します。

1つ目は、香りです。

意外かもしれませんが、スライスしたタマネギを枕元に数枚置いてみてください。
タマネギの硫酸化アリルという成分の匂いは眠気を感じやすくなります。
大量に置くと、刺激で眠気なくなるので、気を付けてください。

タマネギの匂いは苦手という方は、ラベンダーやカモミールなど、アロマオイルを使うと良いですね。

2つ目は、食事です。
乳製品や小魚、海藻や大豆製品などのカルシウムを多く含む食品を摂るようにしましょう。
また寝る前にホットミルクを飲むのも効果的です。
不眠には、カルシウムが効果的と言われているので、普段から意識して摂るようにしましょう。

眠れないからと、アルコールで眠気を誘う方もいるかもしれませんが、眠りが浅く翌朝すっきり怒られないので、お勧めできません。

3つ目は、眠くなったら寝ましょう。
不眠で悩んでいると、まず生活サイクルを整えようとする方がいますが、寝る時間を気にしすぎて、その時間に眠れないことがストレスになるかもしれません。

寝る時間を決めずに、眠くなったら寝るようにしてみてください。
眠れないことがストレスにならないように、寝られる時に寝るようにしてみましょう。

4つ目は、起きる時間を決めます。
寝る時間は決めなくていいですが、起きる時間は一定に決めましょう。
起床時間を一定にして、体内時計を整えていきましょう。
朝は、カーテンを開けて、朝日を浴びるようにしましょう。
朝日を浴びて14時間後くらいに眠くなるように体内時計は働いているので、自然にリズムが整ってくると考えられます。

朝、起きるのがとても辛い、ストレスになる場合は、自律神経失調症の可能性もあるので、そのような場合は、無理せず、朝目が覚めた時に朝日を浴びるようにしてみてください。

5つ目は、寝具を青にしてみましょう。
精神的に落ち着く、沈静効果があると言われている青に寝具を統一してみてください。
しかし、青が嫌いな方や、違和感があるという場合は、無理する必要はありません。
自分が好きな色にするのが安心できるので、いいですね。

不眠は、ストレスや生活習慣が原因としてなることが多いので、ここで紹介した対策を参考にしてみてください。
薬や漢方もあるので、それらも解決策の1つです。
悪化させないように気を付けて、生活改善や受診するなどして、早めに対策をとりましょう。

◆それでも眠れない時は、こころの青汁の「マインドガードDX」を飲んでみてください。
こころの青汁の口コミ
休息ハーブのノニやクワンソウのパワーでぐっすり眠れる!と人気です。

ドリンクタイプのこころの青汁マインドガードDXと
粒タイプのマインドガードDX粒タイプがあります。

自宅では、ドリンクタイプが吸収も良いのでおすすめです。
休息ハーブのノニが豊富なマインドガードDXで安眠

外泊時は、持ち運びに便利な粒タイプをどうぞ。
マインドガードDX粒タイプ


共通案内
なかなか寝付けず熟睡できない時に!
こころの青汁マインドガードDXがぴったり。
妊娠中、授乳中、子供でも安心の無添加素材。
公式サイト↓
マインドガード

ノニやクワンソウなど休息ハーブが
体内のセロトニンを増やして熟睡に導く
副作用も依存性もないので安心安全サプリ。
旅行時には内容が同じの粒タイプをどうぞ
粒→マインドガードDX粒タイプ
ただ吸収は液体タイプがいいので
いつもは液体のこころの青汁の方がベスト!
美肌にも導いてくれます
こころの青汁の口コミ

 

タグ :  

マインドガードDX

この記事に関連する記事一覧