休息ハーブ

休息ハーブで睡眠改善

隠れ不眠症のリスクと対策

隠れ不眠症のリスクと対策

隠れ不眠症という言葉を聞いたことがありますか?

『隠れ』ということなので、自分では気づいていないものということなのでしょうか。

隠れ不眠症とは、本人は睡眠不足の意識がないにも関わらず、良質な睡眠がとれていない状態にあることを指します。

隠れ不眠症には、3つのパターンがあります。

・睡眠時間は十分なのに、目覚めが悪い

・睡眠時間は確保されているものの、不規則なため、体内時計が不安定

・気力と集中力で睡眠時間が短くてもきつくない

この3つ、身体の疲れに鈍感になってしまっていることがあるので、よくありません。

隠れ不眠症は、目の疲れや肩凝り、便秘や下痢、こむら返りなど、身体の不調を抱えることが多いものの、実際は気にしない人が多いのが実情です。

これらの症状の他、疲労感もありますが、始めはささいな症状ですが、少しずつ身体にとって悪影響がでてくるのです。

例えば、突然身体が異常に重くなったり、イライラしたり、やる気がなくなって気持ちが落ち込むなど、他に精神面にも悪影響が現れます。

これらの症状は、身体を休めるようにという脳の指令です。

この時点でしっかり身体を休めるようにできると良いです。

かくれうつ状態になることもあるので、注意が必要です。

かくれ不眠が続き、自律神経の乱れが進むと、例えば仕事が一段落した後や、食事の後、お風呂上りのリラックスした時など、急に肩や背中のコリを感じたり、頭痛や目の上が痛くなったりします。

これは、仕事が落ち着いたり、一日の終わりでリラックスして脳に余裕ができて痛みに敏感になったことの現れです。

脳に余裕がない状態の時は、このような痛みに気付かないものなのです。

また、かくれ不眠は老化を加速させるので、健康寿命を左右させます。

身体のメンテナンスは、睡眠中に行われるので、良質な睡眠を取ることが健康寿命を長くすることにつながります。

睡眠は、ある程度の時間を確保することも大切ですが、それ以上に質も大切になります。

5時間以上は良質な睡眠のための時間を確保し、朝日を浴びること、朝食を摂ること、1日の始まりに体内時計をリセットすることを心掛けましょう。

体内時計が安定しないと、ホルモンバランスが崩れて睡眠中のメンテナンスが十分に行われなくなります。

良質な睡眠をとることが、健康や美容、ダイエットやストレス解消、記憶の整理に大切なので、睡眠に対して安易にとらえず、大切なものとして捉えてくださない。

良質な睡眠を取り、毎日元気に歳を重ねていきたいですね。


共通案内
なかなか寝付けず熟睡できない時に!
こころの青汁マインドガードDXがぴったり。
妊娠中、授乳中、子供でも安心の無添加素材。
公式サイト↓
マインドガード

ノニやクワンソウなど休息ハーブが
体内のセロトニンを増やして熟睡に導く
副作用も依存性もないので安心安全サプリ。
旅行時には内容が同じの粒タイプをどうぞ
粒→マインドガードDX粒タイプ
ただ吸収は液体タイプがいいので
いつもは液体のこころの青汁の方がベスト!
美肌にも導いてくれます
こころの青汁の口コミ

 

タグ : 

睡眠障害

この記事に関連する記事一覧