休息ハーブ

休息ハーブで睡眠改善

マインドガードDXと爽眠α(そうみんアルファー)の違い比較!選び方のコツは?

休息サプリメントのマインドガードDXと睡眠サポートサプリメントの爽眠α(そうみんアルファー)の違いを比較してみました。

熟睡できるためや妊娠中や授乳中などの場合の選び方のコツは、何でしょうか?

いろんな視点から比べてみました。

眠たいのに眠れない

あなたはのように感じることがありませんか?

体が疲れているのに眠れないと感じるのは、自立神経が乱れている証かもしれません。

自律神経には、交感神経と副交感神経が存在し、交感神経は興奮状態に陥っているときに活発に分泌されるものです。

覚醒効果もあるため、体は疲れているのに眠れないと感じるのは、交感神経が活発になっている証拠です。

本来であれば、私たちが眠たいと感じているときには、副交感神経が優位に立っています。

副交感神経はリラックスしているときに活発に分泌されるもので、睡眠を導入する役割も果たしています。

自律神経が乱れてしまうと、この交感神経と副交感神経のバランスが悪くなってしまうため、就寝時間帯に本来分泌されるはずの副交感神経が促されず、交感神経が優位に立ってしまうことがあります。

これが、あなたの睡眠を邪魔している大きな原因かもしれません。

精神安定剤や睡眠導入剤を使うことにより、薬の力で副交感神経を優位に立たせることは可能です。

しかし、医薬品には副作用がつきものとなってくるため、できることであれば薬の力を借りたくないと感じている方は多いのではないでしょうか。

そんな中、大きな注目を集めているのが、リラックス状態に導いてくれる休息サポートサプリメントの存在です。

休息サポートサプリメントは様々なメーカーから販売されていますが、配合されている主成分がメーカーにより異なります。

そこで今日は、休息サポートサプリメントの中でも特に評判の良い2つの商品にスポットを当ててみました。

その商品が、

マインドガードDX
爽眠α

この2つの商品になります。

それでは、マインドガードDXと爽眠αのメリットやデメリットに着目しながら比較していきたいと思います。
[toc]

マインドガードDX(こころの青汁)のメリットとデメリット

「明日も仕事なのに今日も眠れない」

こんな悩みを抱えている方たちの中で大きな注目を集めたのが、マインドガードDXになります。

この商品は8つの天然休息成分を配合しており、吸収力にこだわったドリンクタイプになっているのが特徴的です。

それでは、メリットとデメリットについて見ていきましょう。

まずはメリットです。

マインドガードDXは、休息のメカニズムについて徹底的に研究と追求を行っています。

その結果、ぐっすりと熟睡できない原因はセロトニンの低下であることを突き止めました

セロトニンとは、ノルアドレナリンやドーパミンと並んで、体内で特に重要な役割を果たしている3大神経伝達物質の1つです。

心のバランスをケアするために必要な成分で、質の良い休息には欠かすことのできない大切な成分だと言われています。

トリプトファンと呼ばれる必須アミノ酸を材料として分泌されているため、欧米では質の良い休息のために、就寝前にトリプトファンを多く含む食品の摂取が推進されているほどです。

しかし、いくらトリプトファンを多く摂取していても、休息に必要な栄養は体内で作られないものも存在します。

そこで、私たちの体にとって必要な休息成分を効率よく補給することができるのが、マインドガードDXの最大のメリットといえます。

また、休息成分が配合されているサプリメントなら何でも良いと言うわけではなく、配合されている成分の量がしっかりと明記されていることが大切です。

マインドガードDXでは商品に絶対的な自信があるからこそ、すべてのレシピを公開しています。

休息サポート成分として配合されている成分の内訳を見てみると、

クワンソウエキス1,000ミリグラム
天然ノニ2,500ミリグラム
グリシン600ミリグラム
赤ワイン抽出エキス20ミリグラム
ギャバ25ミリグラム
イヌリン2,500ミリグラム
トリプトファン96ミリグラム
香酢300ミリグラム

このようになっていました。

この配合は、他のメーカーが簡単に真似することができないため、マインドガードDXだけの成分配合となっています。

続いてマインドガードDXのデメリットです。

成分の配合量を見ていただいてもわかりますが、他の休息サポートサプリメントと比較しても、配合している成分と量に大きくこだわっていることがわかります。

そのため、一般的なサプリメントと比較すると通常価格が8,625円と高くなっていることから、コストパフォーマンスが悪いのが最大のデメリットと言えるでしょう。

しかし公式サイトからだとお得になるキャンペーンもありますからチェックしてみてください。

爽眠α(そうみんアルファー)のメリットとデメリット

続いてご紹介したいのが、実際にためされた方の実感力が驚きの92.4%と言う数字をたたき出している、機能性表示食品の「爽眠α(そうみんアルファー)」になります。

この商品の最大のメリットは、主成分として配合されているのがお茶から抽出される成分であるL-テアニンであることから、安全性に非常に優れているところです。

L-テアニンは、お茶と1部のキノコにしか見つかっていないアミノ酸であり、お茶の旨味に関与する成分で抹茶などの高級なお茶に豊富に含まれています。

お茶を飲んだときにほっとすると感じるのは、このL-テアニンによるものです。

通常お茶にはカフェインが多く含まれているため、交感神経を活発にさせてしまい、覚醒させる作用があります。

しかし、お茶を飲んだ時に体が和むと感じるのは、このL-テアニンがカフェインを抑制してくれているからです。

L-テアニンのリラックス効果は実証実験でも明らかになっており、その機能性は消費者庁に受理されています。

そんなL-テアニンを200ミリグラムしっかりと補給することができるのが、爽眠α(そうみんアルファー)の最大の特徴です。

また、毎日飲むものだからこそ安全性にはしっかりとこだわっていることが重要となってきます。

爽眠α(そうみんアルファー)は、全工程を国内のGMP認定工場で製造しているため、いつ誰が製造を行っても、品質や安全性が保てるように定められた厳しい製造工程管理基準を満たした製造工場でのみ、製造が行われています。

続いてデメリットですが、爽眠αは機能性表示食品であり、医薬品ではありません。

そのため、強制的に副交感神経を優位に立たせるような役割を担っていないため、即効性を求める方には不向きです。

これをデメリットに感じてしまう方もいますが、逆に副作用を気にすることなく、緩やかに働きかけていくため、体に優しいのが特徴的です。

成分や安全性から見た違いは?

2つの商品は配合されている主成分が大きく異なってきます。

そのため、どちらがあなたの体との相性が良いのかは実際に試してみなくてはわかりません。

続いて安全性から見た違いについてですが、配合されている成分はどちらも自然由来のものとなります。

また、安心や安全を追求して製造が行われているため、2つの商品はどちらも安全性が高いことが分かります。

どちらが妊娠中・授乳中でも飲める?

マインドガードDXと爽眠α(そうみんアルファー)が妊娠中や授乳中の女性でも問題なく飲むことができるのかについてリサーチしてみたところ、公式サイトでは妊娠中や授乳中についての記載が一切ありませんでした。

配合されている成分をもとに検証してみると、妊娠中や授乳中でも問題なく飲むことができる成分のみで作られているため、基本的にはデリケートな時期であっても飲むことができると思います。

特にマインドガードDXは、葉酸も含むので妊婦さんの休息ドリンクとしても人気です。

しかし、妊娠中や授乳中の女性を対象に実証試験が行われているわけではないです。

ですから不安に思われる方は担当の医師や薬剤師に相談してから飲むようにしてください

悩み別や世代などでの人気の違いはある?

マインドガードDXと爽眠α(そうみんアルファー)は、どちらも睡眠に対して不安を感じている方たちから人気を集めている商品です。

購入されている方の口コミをもとに調査してみたところ、2つの商品はどちらも20代から50代と幅広い年代で活用されていることがわかりました。

続いて2つの商品の人気の違いについてですが、マインドガードDXはドリンクタイプ、爽眠αは錠剤となっています。

そのため、錠剤が苦手な方はマインドガードDXの方がオススメですし、気軽に飲める錠剤を好まれる方には、爽眠αが人気です。

それぞれ男女とも飲める?何歳から飲んで良い?

続いて、2つの商品は性別関係なく飲むことができるのかについても調べてみました。

マインドガードDX、爽眠α(そうみんアルファー)ともに、男性女性関係なく飲むことができます。

続いて対象年齢についてですが、こちらも公式サイトには記載がありません。

基本的には成人を対象に作られている商品だと思いますが、配合されている成分を見る限り未成年であっても飲むことが可能だと思います。

ただし、年齢によっては飲む量が変わってくる可能性もあるため、気になる場合には公式サイトからメーカー側に直接問い合わせてみて下さい。

なお、マインドガードDXは、中学生くらいの子供さんでも朝起きれない対策で寝る前に飲むことが可能です。
詳しくは↓
起立性調節障害

価格や返金保証から見た違いは?

次に、マインドガードDXと爽眠α(そうみんアルファー)の価格について見ていきましょう。

マインドガードDX

通常価格は8,625円となっており、休息サポートサプリメントの中でも高額であるのが特徴的です。

しかし、公式サイトではお得に購入することができるキャンペーンが行われていました。

こちらのキャンペーンを活用して購入すると、通常価格から22%オフで購入することができ、送料や手数料が無料となります。

また、今なら休息までの時間を半分以下に導いてくれるレコーディング休息日誌※をプレゼントしています。

※レコーディング休息日誌とは、休息の記録をチェックできるものです。

普段の休息をしっかりとチェックするだけでも、休息を高く意識することができ、しっかり休みやすくなることがわかっています。

爽眠α(そうみんアルファー)

爽眠αの通常価格は5,700円となっており、+送料600円と手数料500円が発生します。

しかし、こちらもお得に購入することができる毎月先着300名様の限定キャンペーンが行われており、今なら7日分が特別価格で購入できるようになっています。

また、こちらのキャンペーンは商品が定期的に届く定期コースとなっていますが、2回目以降も特別価格での購入が可能となっているため、通常購入よりもはるかにお得なことがわかりました。

また、定期コースはいつでも変更、休止、解約ができるため、回数制限の約束などは一切ありません。

選び方のコツをまとめると・・

2つの商品の特徴を見ていただくと分かるように、配合されている成分や商品の形状が大きく違うことがわかります。

選び方のコツをまとめてみると、

マインドガードDX

・錠剤よりもドリンクタイプを好む
・休息サポート成分が豊富に含まれている方が良い
・成分の配合量が気になる

爽眠α(そうみんアルファー)

・ドリンクタイプよりも気軽な錠剤が好き。
・機能性表示食品であるL-テアニンが気になる。
・コストパフォーマンスに優れているものを選びたい

このように考えていただくとわかりやすいかもしれません。

2つの商品を実際にためされた方の口コミを検証してみましたが、どちらも良い変化を感じることができている方がたくさんいらっしゃいました。

そのため、どちらの商品の方が優れているとは一概にご紹介することができません。

ただし、配合されている成分は大きく異なってくるため、あなたの体との相性次第では感じ方が大きく変わってくると思います。

まずは実際に試してみて、あなたの体との相性を確かめてみることがお勧めです。

また、休息サポートサプリメントは、日ごろの食生活では不足しがちな成分を補助することができる商品であり、医薬品のような効果を発揮するものではありません。

そのため、マインドガードDXや爽眠α(そうみんアルファー)だけで今の現状が100%改善されるものではないと言うことを覚えておいてください。

質の良い睡眠を得るためには、まずは規則正しい生活習慣をしっかりと身に付けていくことが大切です。

人間の体は、夜眠くなり朝は目覚めると言うのが基本です。

夜型の生活になってしまったり、極端に睡眠時間が短くなってしまうと、どんなにサポートサプリメントを使ったところで、睡眠の質が改善される事はありません。

まずはあなた自身が今の生活習慣を見直し、質の良い睡眠を得られるような状態を心がけるようにしてください。

状態を整えた上で、マインドガードDXや爽眠αを活用することにより、より早く良い変化を得られやすくなります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

吸収されやすいドリンクタイプでぐっすり休息したい人はマインドガードDXをどうぞ。
妊娠中や授乳中の人もより安心なマインドガードDXが良いです。
なお子供の起立性調節障害サポートにも人気です。
朝起きるのが辛い人に特に評価が高いです。
>>人気のマインドガードDX公式サイトはこちら<<

 

錠剤タイプでL-テアニンのパワーを実感してみたい人は爽眠α(そうみんアルファー)をどうぞ
>>睡眠サポートサプリ【爽眠α】機能性表示食品<<


共通案内
なかなか寝付けず熟睡できない時に!
こころの青汁マインドガードDXがぴったり。
妊娠中、授乳中、子供でも安心の無添加素材。
公式サイト↓
マインドガード

ノニやクワンソウなど休息ハーブが
体内のセロトニンを増やして熟睡に導く
副作用も依存性もないので安心安全サプリ。
旅行時には内容が同じの粒タイプをどうぞ
粒→マインドガードDX粒タイプ
ただ吸収は液体タイプがいいので
いつもは液体のこころの青汁の方がベスト!
美肌にも導いてくれます
こころの青汁の口コミ

 

タグ :   

マインドガードDX 比較、違い

この記事に関連する記事一覧