休息ハーブ

休息ハーブで睡眠改善

セロトニンと睡眠障害

セロトニンと睡眠障害についてです。

セロトニンと呼ばれる脳内物質が
体内から不足してしまうと
睡眠障害を起こすと言われています。

セロトニンが足りないと、
なぜ睡眠障害を起こすのかというと、
セロトニンは、人が睡眠をとるために
無くてはならない成分でありこのセロトニンがないと
睡眠を得られない仕組みになっているからなんです。

そのためセロトニンが不足すると、
なかなか寝つけず睡眠障害になってしまいます。

それとは逆にセロトニンが脳内に充分存在していると、
セロトニンの持つ鎮静作用で精神のバランスがとれ、
リラックスできます。イライラもなくなり、
心地よい睡眠を得られます。

セロトニンは脳内で作られます。
セロトニンが作られる材料は
トリプトファンというアミノ酸です。

トリプトファンは、肉や牛乳で摂取することができますが、
トリプトファンを取り込みたいばかりに
毎日毎日お肉や牛乳ばかりをたくさん摂っていては、
今度はコレステロール値が気になります。

何事もバランスが大事ですね。
コレステロール値を抑えながら、
効果的にトリプトファンを取り入れる方法としては
牛乳を多めに飲むことですが、牛乳アレルギーのある方や、
牛乳が苦手な方には、まるで拷問のようになってしまいます。

そしてセロトニン生成に欠かせないトリプトファンを
脳内に送り込むためには、ブドウ糖も同時に
体内に摂取しないとセロトニンが作られません。

牛乳やお肉が苦手だけど、脳内に必要な
トリプトファンを効率的に摂取したい方は
休息ハーブと呼ばれる天然のノニを使った
こころの青汁がオススメです。
こころの青汁

休息ハーブのノニをたっぷり含んで
飲みやすくて毎日安眠できるこころの青汁の
マインドガードDXについて詳しくは
こちら公式通販ページをどうぞ
>>>休息ハーブのノニが豊富なマインドガードDXで安眠
マインドガード

 

タグ : 

セロトニン

睡眠障害とセロトニン

睡眠障害とセロトニンについてです。

セロトニンが不足すると睡眠障害に
なりやすいです。

睡眠障害というのは、寝付きや睡眠中に
何か異常がある状態のことです。
大きく4つに分けることができます。

睡眠異常と睡眠時随伴症と
内科・精神科的睡眠障害とその他です。

まず、睡眠異常とは自体が疾患であるもので
不眠症、ナルコレプシー、睡眠時無呼吸症候群、
睡眠相後退症候群などです。

次が、睡眠時随伴症です。これは
睡眠中に見られる異常な行動のことです。
夜驚症、夜尿症、睡眠麻痺、周期性四肢運動、
睡眠関連摂食障害 などがあります。

そして、内科・精神科的睡眠障害として
精神病や不安障害、うつ病などに伴う不眠や過眠が
あります。

最後は、その他で
未だ分類が正確になされていない、
短時間睡眠者や長時間睡眠者などのことと
4つに大きく分けられています。

睡眠障害の改善に欠かせない
休息成分とも呼ばれるセロトニンは、
必須アミノ酸のトリプトファンからつくられます。
トリプトファンは、体内では作られませんから
食物で補給する必要がります。

トリプトファンは、肉や乳製品などの
高タンパク食品にたくさんふくまれていますし
休息ハーブで人気のノニ(モリンダシトリフォリア)にも
高濃度に含まれることでも有名です。

体内でトリプトファンが脳に運ばれると
酵素の働きでによって代謝され、セロトニンができます。
つまり、トリプトファンがセロトニンの元なんです。

セロトニンの具体的な働きは
すべては解明されていません。

しかし、たとえばセロトニンが少なくなると、
抑うつ症、誇大妄想、強迫観念などが生じ、
暴力的になったり衝動的になったりして
睡眠障害も起こりやすくなります。

ストレスが多い生活を強いられると
セロトニンが減りやすくなります。

セロトニンはバナナや牛乳などの
飲み物に多く含まれています。
ホットミルクを寝る前に飲むと
安眠できやすいのは、このためですね。

セロトニンの素になるトリプトファンを
多く含む休息ハーブのノニや、休息ハーブとして
人気のクワンソウや抗酸化作用が強力な
トランスレスベラトロールもバランスよく含む
こころの青汁のマインドガードDXを寝る前に
飲むのも熟睡できると口コミでも人気です。

睡眠障害に役立つセロトニンの素を
たっぷり含む、こころの青汁として人気の
マインドガードDXについて詳しくは
こちら公式通販ページをどうぞ
>>>休息ハーブのノニが豊富なマインドガードDXで安眠
マインドガード

 

タグ : 

セロトニン 睡眠障害